トップ

葬儀を取り仕切る喪主について

葬儀の喪主について

布施袋

葬儀での喪主の挨拶は大事です

葬儀の主催者のことを喪主と呼び、なった人はどんな内容にするのか参列者への対応など先頭にたって取り仕切らなければならない。そんな中で重要な仕事として参列者の前で挨拶をしなければならない。参列してくれた方への感謝の気持ちや故人はどのような人であったか、またこれからもよろしくお願いしますというこれからの気持ちを簡潔な文章ながらも精いっぱいの表現で挨拶することが大事なのです。葬儀の喪主を務めあげることは大変でありますが、だれかがしないと故人をしっかりと見送ることができないのです。今までの感謝をこめて最高の形にしてあげることが故人も喜ぶことでしょう。

葬式の際の喪主の挨拶。

ご高齢の父親が亡くなられた場合、母親がまだ存命だったとしても、息子さんが葬儀の喪主の挨拶をすることがよくあります。やはり、まだまだ男性社会の日本では女性よりも男性の方が一般的に地位が上になるためそうなりますが、その際に注意点がいくつもあります。お葬儀は亡くなられた故人とその家族だけのものではなく、常日頃からお世話になっている方々やご友人の方に感謝の気持ちを伝える場所でもあるため、丁寧な言葉を選ぶ方が良いでしょう。また、亡くなられた故人が好きだった物や場所のこと、楽しかった思い出などを含めて挨拶すると、参列に来られた方々にも喜んでもらえます。

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀を取り仕切る喪主について. All rights reserved.